【寄稿PR】即興演奏で現代の「解放区」を作りたい。音楽団体『Team Liaison』とは?

新進気鋭、即興演奏家のチームが動き出しています!

『Team Liaison(チーム・リエゾン)』は、若手の作曲家・音楽家による音楽団体です。2022年4月に活動を開始し、精力的に演奏会を企画されています。

彼らは、どんなコンセプトで即興演奏と向き合っているのでしょうか。『Team Liaison』代表・徳武史弥(とくたけ ふみや)さんに、8月26日(金)に控えた公演PRと併せ、その思いを綴っていただきました。

音楽団体『Team Liaison』とは?

2022年4月2日の初公演を皮切りに、若手作曲家たちによる新作初演や、即興演奏ライブ、異ジャンル同士のコラボレーション企画など、次々と公演を実施している『Team Liaison』。

西洋のクラシック音楽的な文脈を踏まえつつ、繰り出されるエネルギッシュな演奏が目を見張ります。

「クラシック」や「ジャズ」といった、伝統音楽の目線でも楽しめるのが『Team Liaison』の即興演奏のたのしいところ。聴いたことのあるフレーズや音楽要素があちこちで飛び出し、文字通り「自由に」即興を展開してゆきます。

2022/8/11『PIANO BATTLE vol.1』公演ダイジェスト動画

西洋音楽の中でも、即興は、現代音楽や古楽、ジャズなど限られたカテゴリでの話──そんな価値観が、少しずつ、少しずつ、”クラシック”音楽家たちのなかで変容している。『Team Liaison』のように、現役の学生で構成されたグループが誕生したことは、その象徴の一つなのかもしれません。

そんな『Team Liaison』はどんな思い・コンセプトで活動しているのでしょうか。『Team Liaison』代表・徳武史弥(とくたけ ふみや)さんにメッセージを寄せていただきました。

代表・徳武史弥からのメッセージ① 檻の外へ出る体験を

執筆: 徳武史弥(@tokutake2380

檻の外に出る体験を大切にしたい。このような考えから『Team Liaison(チーム・リエゾン)』は誕生いたしました。

「Team Liaison」は若手の作曲家により構成され、新作初演作品の上演や、即興コンサートの開催をしています。

「Liaison」はフランス語で「繋がる」を意味します(西洋音楽用語では『タイ』を指します)。この名前のように、未来へ繋がる、そしてあなたと繋がる団体になることを夢見て、走り続けています。

代表・徳武史弥からのメッセージ② 私たちは現代の「解放区」を作りたい

いま人々が生きる社会は、法・道徳・規則など様々な事柄に抑圧されたり、制限されています。そして人々は、それを当たり前だと思っています。私たち『Team Liaison』は、そういった抑圧を受けない場所、「解放区」を作りたいと考えています。

社会の外に目を向けず、ただ安寧に暮らすだけになってしまった人々のことを、ニーチェは「末人(まつじん)」と呼びました。いまの社会は、末人で溢れています。私たちはニーチェが警鐘を鳴らした世界に、まさしく片足を踏み込んでいる状態なのです。

ピアノ連弾による即興演奏(手前: 代表 徳武氏 奥: 副代表 佐藤伸輝氏)

即興演奏とは、型にとらわれず自由に、その場で心が動くままに紡ぎ出す行為です。演奏者の内なるエネルギーが、楽器や事物、もしくは人間そのものを通して音エネルギーに変換された結果が、音楽の即興であると、私は考えています。

もちろん、このような要件を満たしている音楽は即興演奏だけではありません。ただ即興のユニークな点は、強烈なリアルタイム性を、演奏者はもちろん、観客にも共有する点でしょう。

同じ時間、同じ空間を共有する人々は、その時間・空間にしか存在し得ない治外・法外の状態に身を任せているのです。それこそ、現代における「解放区」ではないでしょうか?

即興演奏という音楽によって、末人から脱し、檻の外の世界──「解放区」を体験していただきたい。私たち『Team Liaison』はそう考えています。

Team Liaison 代表・作曲家
徳武史弥(とくたけ ふみや)

古事記の朗読による即興劇。『Team Liaison』最新公演は2022年8月26日(金)!

*画像クリックで拡大

8月26日(金)トーキョーコンサーツ・ラボにて、『Team Liaison』は「古事記」をテーマにしたコンサートを開催いたします。

プログラム前半では、3人の作曲家──徳武史弥(@tokutake2380)・佐藤伸輝(@pianobuski)・上山花(@neodadadada──による古事記をテーマにした新作初演作品を上演。

後半では、3人の作曲家と出演者、パフォーマーによる、古事記の朗読に合わせた即興劇を上演。身体性を駆使したコンサートに挑戦します。

また8月24日(水)には、「古事記」公演のプレ・コンサートも開催します。こちらは「古事記」朗読を伴う即興コンサート。26日の「古事記」本公演に繋がる内容を、若き即興演奏家による豪華アンサンブルでお届けいたします。

両日とも充実した内容をお届けいたします。是非とも足を運んでいただければ幸いです。

『Team Liaison』公演詳細

「古事記」プレ・ライブ

8/24(水)19:40 開演(19:00 開場/22:20 終演予定 2ステージ制)
於 東京『東京倶楽部 目黒店』
予約 ¥2,500+税 当日 ¥2,800+税

【予約】
予約フォーム(『東京倶楽部 目黒店』HP)

「古事記」

8/26(金)17:00 開演(16:15 開場)
於 東京都西早稲田『トーキョーコンサーツ・ラボ』
一般 ¥4,000 会員 ¥2,000 学生 ¥1,500

【予約】
*電子チケットだと会員価格で購入可能です。


この記事を書いてくれた、徳武さんにとっての「即興」とは?
徳武史弥さん
徳武史弥さん

他者との「繋がり」です。演奏者はもちろん、その場にいるお客様とも一瞬のうちに繋がれる、そしてコミュニケーションをとれるのが、即興の良さであり魅力だと思っております!